ヒトラーはヒトラーを知らなかったが、プーチンはヒトラーを知っている

ウクライナのブチャでロシア軍が行ったらしい大規模虐殺が明らかになりました。

それを示す衝撃的な絵の数々は、あるいはプーチン大統領の運命を決定付けた可能性があります。

敢えて言えばその運命とは、彼は死なない限りもう救われない、ということではないかと思います。

プーチン大統領の異様な性状については先に言及しましたが、あまりにも深刻な状況に見えるので、重ねてここにも記しておきます。

プーチン大統領はヒトラーではありません。彼はユダヤ人ほかの抹殺を目指したホロコーストは「まだ」引き起こしていません。

子供たちを含むウクライナの人民を虐殺し、政敵を弾圧し謀殺し、情報操作によってロシア国民を欺き、世界に殴りかかっているだけです。

そしてそれらの悪逆無道な行為の数々を以ってしても、あるいは彼の悪はヒトラーの悪を上回ることはないのかもしれません。

だがプーチン大統領は、「ヒトラーを凌駕する魔物」とも規定されるべき、不吉な性根を秘めてそこに存在しています。

不吉さは彼がヒトラーを知っている事実から来ます。

ヒトラー自身はヒトラーを知りませんでした。ヒトラーはまだ歴史ではなかったからです。片やプーチン大統領は、ヒトラーという歴史を知っています。

それは彼が、「ウクライナを侵略した大きな動機の一つは、ウクライナからナチス勢力を排除すること」と、明確に主張している点からも明らかです。

プーチン大統領は、ヒトラーの悪魔性を知悉した上で、なおかつヒトラーを髣髴とさせる暴虐に突き進みました。

ウクライナを侵略するまでのプーチン大統領を、世界はまともな心情と哲学と知性を備えた強い指導者とみなしてきました。

自由主義世界は、彼の一風変わった政治スタイルを、強権主義的風潮が割と普通な、ロシアという「普通ではない」国のリーダーゆえの奇矯、と捉えていわば見て見ぬ振りをしてきました。

その姿勢は、プーチン大統領が基本的には自由や寛容や、そしておそらく民主主義でさえ支持しているだろう、という根拠のない性善説によって担保されました。

だがプーチン大統領は、自由と民主主義と開明を空気のごとく当たり前に謳歌してきた、欧米と日本を含む西側世界全体の思い込みをあっさりと破壊しました。

彼はわれわれが性善説に当てはめて、2022年2月24日まで稚拙に思い描いてきたプーチン・ロシア大統領ではありません。、

彼は常人のわれわれの世界の向こう側にいる、ヒトラーと同類の得体の知れない何者かなのです。

われわれはそのことをしっかりと認識しつつ、今後のウクライナ情勢とそれに影響されまた規定されていくであろう、世界のあり方を見つめ続けるべきです。

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です