マスト・エンペラー?

本日朝8時27分、秋篠宮紀子様に赤ちゃんが生まれました。
この男の赤ちゃんは皇位継承第3位というお立場です。
わかりやすくイメージするため、皇太子や秋篠宮の寿命が95歳前後だと仮定すると、50年後に天皇陛下になっている可能性のある赤ちゃん、ということになります。
そりゃあ大ニュースにもなりますよね。
なんとなくタイトルを考えていて、ふと思いついたというだけの動機で、日記を書いています。
He must be Emperor…?

実におめでたい話であるのは間違いないのですが、一般人と違って、やはり日本の国にとって特別な立場のお家ですから、話は決して単純ではないようです。

皇居一周と愛育病院付近が毎日のお散歩コースである我が家でも、このところ周囲の警戒に、なんだか緊張感がひしひしと感じられるようになりました。
先日まで、愛育病院前の公園角では、見るからに目つきの鋭い不審な一般人(に装ったつもりの警察官)が、一晩中立っていました。
カジュアルな服装をしているのですが、六本木ヒルズから流れてきたとは思えず、ガタイがよく、常に周囲が見渡せるベストポジションを取り、日によっては女性一人のこともあるのですが、誰かと待ち合わせをしているようでもなく。。。
もうちょっと上手に偽装工作してください(-_-;)

そうそう昨夜のことです。
いつものように夜、帰りにウォーキングをするために、奥さんと参議院で待ち合わせました。
そえから2時間ばかり、皇居を時計回りに(北の丸公園内を通るコースで)てくてく、てくてく。
桜田門から出て、六本木一丁目方向にてくてく、てくてく。

途中、首相官邸と内閣府の間の坂道で休憩していると、警備の人にすごい顔でにらまれてしまいました。
あ、これは首相官邸の植え込みからあふれそうに生えていたプラントを、奥さんが物欲しそうに見ていたからか。(関係ないですね。汗)
たかが植え込みとはいえ、高さ50センチの赤外線セキュリティーが張り巡らされているのですから、間違ってもひょいと手を伸ばすことのないよう、願いたいものであります(-_-;)

皇室について語り出すと、盛り上がる話がたくさんあるのですが、それはまた身内だけの飲み会の席などで(^_-)

今のところ大きな混乱もなく、日本のマスコミや日本の政治では節度ある対応がなされているようです。
ほっと一安心。
以上、東京港区からスギィがお伝えしました。

■紀子さま、男児ご出産(読売新聞?-?09月06日 08:51)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=82776&media_id=20

久々の日記、初めてミクシィニュースからのリンク機能を使って書いてみました。
###

あなたのコメント