建築学



これは我が家の近くにある某ビルの、敷地内にあるマンホールである。

直径は東京都の基準値に適合している。

写真をみた人の多くは、蓋の開けられるような金属製のマンホールとは、別ものだと、最初は感じるかもしれない。

でもよく見ると、勾玉のような部分と、中心の穴を15センチメートル離した工具をつかえば、簡単にマンホールの蓋は開く。

すぎぃは、これこそ建築学だと思う。

ジャン・フランコ・フェレが建築家から、ファッションデザイナーに転向した理由が、20年ぶりに解消された。

あなたのコメント