ワクチン特許権の停止というたわけ

バイデン米大統領が、コロナワクチンの特許権を一時停止することに賛成、と表明して世間を騒がせています。

いわば特許を開放して、ワクチン開発者たちの知的財産を世界中に分け与えるべき、という主張です。

特許権を停止することで、企業秘密である生産ノウハウに誰もがアクセスしてワクチンを製造することができる。そうやってワクチンが貧しい国々にも行き渡る。だから公平だ、という論法です。

しかし、それを果たして公平と呼べるのでしょうか?

新型コロナは変異種の猖けつ もあり世界をますます恐慌に陥れています。その中でも特に苦しんでいるのがインドをはじめとする途上国です。

そのインドと南アフリカが口火を切って、ワクチン特許の一時停止論が盛んになりました。

ワクチン製造の秘密をまず彼らが無償で手に入れて、世界中の途上国も同じ道を行きワクチンを大量に製造して、コロナ禍から脱する、というわけです。

そのアイデアをバイデン大統領が支持しました。彼は善意を装っていますが、ここまでアメリカは同国産のワクチンを独り占めにしている、という途上国などからの批判をかわす意図も透けて見えます。

それに対して主に英独仏をはじめとする欧州各国が不支持を表明しました。彼らは貧しい国々へのワクチンの流通を阻んでいるのは特許権ではなく、生産能力や品質基準の問題だと主張しています。

またIFPMA(国際製薬団体連合会)も「ワクチンの特許を停止しても、生産量が増えたり世界規模の健康危機への対抗策が直ちに生まれるわけではない」と反論。

IFPMAはさらに、増産の真の障害はワクチンの原材料不足、サプライチェーンの制約、各国のワクチンの囲い込み、貿易障壁などが主要な要因だとも論じています。

当事者たちのそうした懸念を待つまでもなく、特許権を保護しなければ研究開発に必要な民間投資が活性化せず、政府等の資金提供も損なわれます。それはイノベーションが起こらずワクチンの開発製造が不可能になるかもしれないことを意味します。

インドの惨状に心を痛めない人はまれでしょう。また先進国だけがワクチンの接種を進めて途上国や貧しい国々にまで行き渡らなくてもよい、と考える者もよほどの冷酷漢でもない限りあり得ません。

弱者や貧しい人々は必ず救済されなければなりません。だが、そのために多くの努力と犠牲と情熱を注いでワクチンを開発した人々や会社が、犠牲になってもいいという法はない。

ワクチンの開発製造は慈善事業ではありません。能力と意志と勇気と進取の気性に富んだ人々が、多大な労力を注ぎ込み且つ大きな経済的リスクを冒して手に入れたものです。

彼らは成功報酬を目当てにワクチンを開発します。利益を得たいというインセンティブがあってはじめてそれは可能になります。それが自由競争を根本に据えた資本主義世界の掟です。

懸命に努力をしても彼らの知的財産が守られず、したがって金銭的報酬もなければ、もはや誰も努力をしなくなります。しかもパンでミックは今後も繰り返し起きることが確実です。

製薬会社は高く強い動機を持ち続けられる環境に置かれるべきです。それでなければ、次のワクチンや治療薬を開発する意欲など湧かないでしょう。彼らの努力の結果である特許権を取り上げるのは間違いです。

特許権を取り上げるのではなく、それを基にして生産量を増やし急ぎ先進国に集団免疫をもたらすべきです。その後すばやく途上国や貧困国にワクチンを送る方策を考えればいい。

世界はひとつの池のようなものです。先進国だけが集団免疫を獲得しても、他の地域が無防備のままならコロナの危険は去りません。ですから先ず前者を救い同じ勢いで他も救えば良いのです。

先進国は、それ以外の世界のコロナを収束させなければ、どうあがいても彼ら自身の100%の安全を獲得することはできません。

そのためにも特許権を守りつつ生産を大急ぎで増やして、まず先進国を安全にし、その安全を他地域にも次々に敷衍していけばいいのです。

途上国はコロナという大火事に見舞われています。同時に先進国も熱火に焼かれています。自家が燃えているときには、よその家の火事を消しに行くことは中々できません。

まず自家の火事を鎮火させてから、急ぎ他者の火事場に向かうのが最も安全で効果的な方法です。それでなければ共倒れになって、二つの家が焼け落ちかねません。

バイデン大統領は、ここは善人づらで無定見な政治パフォーマンスをしている場合ではありません。重大な発明をした製薬会社を守りつつ、世界の健康を守る「実務」パフォーマンスもぜひ見せてほしいものです。

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

2 comments to “ワクチン特許権の停止というたわけ”
  1. 今年の「ノーベル医学賞」はファイザー社のワクチンの発明者・トルコ系ドイツ人夫婦医師でもあるウール・シャヒン氏とエズレム・テュレジ氏の夫妻で決まりと山中教授は言っていました。
    http://www.saitamakinen-h.or.jp/news_head/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E7%B3%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E4%BA%BA%E5%A4%AB%E5%A9%A6/#:~:text=%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AE%E9%81%8E%E7%A8%8B%E3%81%A7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC,%E3%82%A8%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%82%B8%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%A4%AB%E5%A6%BB%E3%80%82

    当然です。従来の中国、ロシアのワクチンのように「ウイルスの無毒化」と異なり「遺伝子操作」からの「新しい製法」ですし、米国での実績はすごいです。本来は昨年でしたが、やはり「遺伝子操作」の女性2名が受けました。この基本は日本人の発明を応用したものでしたが、同時受賞になりませんでした。同じテーマでの受賞はないので、残念でした。

  2. 追加コメント
    日本のワクチン投与のバカな「医師法」
    日本でのワクチン投与注射は医師しか認められていません。また、看護師は「医師の管理下」で注射可能です。すべて「時代遅れ」の「医師法」の「規制」のせいである。「PCR検査」も、医師でないと「違法」です。イギリスはボランティアを訓練して「注射・許可」している。「筋肉注射」などは「バカ」でもできる。「糖尿病患者」はインシュリンを「自己注射」している。
    私が子供時の65年前の10才の時、実家が薬局だったので、「淋病」の患者が医者に行くと看護婦さんに知られ、恥ずかしいので、「ペニシリン」を買いにきた。臀部に打つので、自分で打てない。父親が「ケツ出しなはれ」と言って、薬局の隅で臀部に打っていた。私は「淋病」がなんであるかも知らなかった。もちろん、「淋病の原因」も知らなかった。高校2年生まで、「子供がどこから生まれるかも知らない、初心(ウブ)な少年」であった。私は後で知ったのだが、父親のやったことは違法である。「医師法」により、「PCR検査」は3万円の「保健適用」で税金の無駄遣いと「院内感染」の可能性がある。民間pcr検査は医師法違反である。現在も「医師法」を改正する意思は厚労省にない。「医師会」の「票田」が怖いのである。
    私は「ヒマな陸上自衛隊員」を訓練して、医師立ち合いの元に注射すれば良いと思う。「鉄砲を注射器に変えるだけである。」
     医師は災害で面倒な「死体収集」を「慣れない自衛隊員」にさせ、「PTSD」にさせるのに、「簡単なワクチン・筋肉注射」は認めないのである。「死んでいるか、生きているか」の「死亡診断」は医師の特権仕事である。自衛隊員には認められていない。「死体処理の汚い仕事」からは逃げて、書類の「死亡診断書」の時だけ、「ハンコ」を押すのである。
    「検査」の特権も主張するのである。すべても「医師」の特権である。同じツールで「検査」しても、医師以外は認められないのである。「妊娠診断」だけは薬局で医師と同じものを購入でき、検査できる。「インフルエンザ」も同様であるが、「妊娠診断」は自分ですることを認められているが、同様のインフルエンザを自己診断することは「医師法違反」になる。医者の利権である。「院内感染の危険性」など関係ない「既得権」である。

    そのくせ、「非加熱血液製剤」を実際に注射して、多くの妊産婦を「エイズ」で殺しても「無罪」であった。直接の「下手人」であるが、「加熱製剤」の存在を知らなかったので「無罪」である。「いや、送検もされなかった」。1人有罪になったのは「厚労省の医官」であった。彼は優秀な医官であったので、米国の「加熱製剤」の文献の存在をで知っていたので、「有罪」になった。バカで知らなければ、実際に注射した医者同様「無罪」であった。もちろん当時は「加熱製剤」は日本では「認可」になっていない。現在のコロナワクチンと同じであった。「エイズウイルスの入った非加熱血液製剤」を注射するしかなかったのである。したがって、優秀な「臨床医」で当時の米国の「加熱製剤文献」の存在を知っていれば、医官と同様に「有罪」であった。
     今回のコロナ・ワクチンで死者が出れば「国家賠償する」と厚労省の官僚は「私、知らない」と先手を打った。「エイズウイルス」のように「責任問題」で追求されると困るのである。さすが頭の良い「厚労省官僚」である。
     森鴎外は「かっけ」で陸軍将兵を約2万人弱を殺したのである。彼は「かっけ」は「ウイルス由来」を主張して、「江戸患い」として江戸時代から知られていた、「ビダミン欠乏症」を無視したのである。
    https://www.fuanclinic.com/ooi_h/ooi_q57.htm
    そして、世界発のビタミンの発見者の鈴木梅太郎がノーベル賞を取るのに妨害した。先にビタミンを発見した鈴木梅太郎が「農学部」で「医学部」の恩師を否定したからである。そこで、鈴木梅太郎の代りに、カシミール・フンクがノーベル賞とビタミンの発見者としての栄誉を受けた。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%A2%85%E5%A4%AA%E9%83%8E
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%B3%E3%82%AF
    日本の医学は昔から「利権」「規制」で「改革」はいつも遅れている。今回のコロナ禍はこの問題点を証明した。しかし、1万人の死者が出ても、ワクチン注射は米国での実績は関係なく、許可権は厚労省にある。「いくら死のうが、私には関係ない」として、なかなか認可しなかった。現在、「ワクチン遅れ」が問題になっても「私知らない」である。

占部聰長 へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください