みんなヤジ問題の本質を全く理解していない

‹LŽÒ‰ïŒ©‚·‚鉖‘º“s‹c

 

 

 

 

 

今月18日の都議会本会議でみんなの党の某女性議員の発言に、自民党議員席と思われる方向から男性議員の大声で「お前が早く結婚しろ」「こどもを産め」といった心ないヤジが飛んだ問題で、各マスコミがいろんな論調で非難を浴びせかけている。自民党は自民党で事態の収拾に石破さんまで出てきて大騒ぎしている。この一連の報道ぶりや対応ぶりをみていると、どいつもこいつもピントのはずれた低レベルのコメントがならんでいて、あきれかえった。

たまたまヤジの対象になった女性議員については、個人的には全く評価できず絶対に票を入れないタイプの人物だが、それはまた別の問題であって、あくまで問題になっているのは「ヤジの内容」である。それ以上でも以下でもない。政治家にヤジはつきものだからある程度はしょうがないが、言っていヤジと言ってはならないヤジがあるわけで、そこで各議員の見識が問われるのである。

自民党としては、とにかく女性票が目減りするのを防ぐために、とにかく謝っとけ、イメージダウンは避けろ、といった姿勢。これまた党利党略のための措置であることは明白であって、ヤジの本質に目を向けて所属議員の意識改革をはかろうという本来の道理とは、残念ながらずれている。当該男性議員を一人スケープゴートにして、三番目の矢である男女共同参画社会をアピールする組織の戦略だ。

海外のマスコミを始めフェミニストの論評は、これを女性の社会進出の好機してとらえ、もっと女性管理職を増やせだとか、とんちんかんな話へ発展させようとしている。これまた飛躍した話で、本来のヤジの問題のかかえる本質にまっこうから取り組む姿勢からは、どんどん離れていってしまう。

では今回のヤジの本質的な問題点とはなんだろうか。それはヤジの内容が国民すべての中の「晩婚者」たち、すべての「こどもを作らない(あるいは作れない)人たち」を、のきなみ愚弄し、侮辱した発言内容であったという点である。これは人権侵害にもあたる大きな問題発言であろう。謝るべき相手は某女性議員でもなくて女性議員連盟でもなくて、一般国民なのである。そこんところをはき違えないでもらいたい。すべての日本国民に謝罪すべきだ。

こういう問題を拾ってきては自分の都合のいいように処理しようと言う輩に、もううんざりしているので、あえて書かせてもらった。

###

21時30分追記:この件に関する面白いやり取りが僕のFacebookで行われました。ご覧になりたい方はこのサイトの一番上に並んでいる赤丸の、Facebookのロゴをクリックしてください。Facebookのアカウントを持っている方なら誰でも参加できます。

,

あなたのコメント