ロスタイム息止め作戦


いやあ、FW大黒のシュートかっこよかった!
というか僕の命も助かった!?
 
今日のサッカーW杯アジア予選決勝 at さいたまアリーナ(日本代表2ー1北朝鮮)ロスタイムで劇的な決勝ゴールで辛くも勝ちました。みなさんもテレビなどで観戦されたかと思いますが、日本代表チーム意外にもなんともはや苦戦しましたね。

「ドーハの悲劇」をリアルタイムでテレビ観戦していて、息が止まりそうになった経験がある僕は、今回もついテレビ観戦してしまいました。
スポーツ観戦は、なるべく見ないようにしているつもりなんです。まるで自分がやっているような気になり、テーブルひっくり返しそうに興奮して、テレビ見てるあんたがリキんでもしょうがないでしょ、と冷静にたしなめられるタイプなものですから。

今回も関係ないスレに、楽勝らしいと、コメントしてサラッといくつもりだったんですけども、ついテレビの前で恥ずかしながら興奮してしまいました。

で、いよいよ、の時しか使わない奥の手ジンクス(僕が今回たまたま、勝手に思いついただけですが)必殺、ロスタイム息止め作戦を遂行しました。

テレビなどで2分とか3分とかロスタイムが発表された時、思いっきり深呼吸をしてから息を止めるのです。ちょうどグラン・ブルーのジャック・マイヨールとエンゾみたいに我慢くらべです。
で、僕の息が続かなかったら負け、そのかわり息が続いたら応援しているチームが勝つ、という、よい子はまねをしないで欲しい類のジンクスです。

で、今回はロスタイムに入る3分40秒前くらいから息こらえをはじめました。ご存じの通り大黒選手が決勝ゴールを決めてくれたおかげで、僕は再び息をできるようになったというわけです。
おばかですね~。

しかしながら北朝鮮チーム、スタミナあるある、ビックリです。人間あんなに走り回っていられるものだろうかと、未だに信じがたい超人的スタミナ。
よく走る選手ほどピッチが狭く感じられるというけど、彼らにはフットサルほどの広さに感じられたかもしれませんね。

川口の名キープ、そしてなにより大黒の晴れ舞台での初ゴールに感謝、感謝です。
この北朝鮮のタフでねばり強い選手たちを、6月平壌で見られるなら行ってもいいくらいです。そのかわりいつぞやのように負けた選手を「粛正」なんてしたら許さないからな!

あなたのコメント