レジャー・ダイビングしたい。。。

もうたまらん!
突然ムラムラっときて、ううう我慢ができないんです。

ハワイ島コナビーチで海底にじっとしていると、
頭上50センチの間近を、3メートル×3メートルのマダラトビエイがゆったりと優雅に泳いでいく。
次々に、20~30とたくさんやってくる。
アメージング。。。

そんなんじゃなくていい。
沖縄なんて贅沢言わない。
グアムでもサイパンでも水さえ透き通っていれば。
あああああっ、もう発作的に飛んじゃおうかな。

お魚なんて、一匹もいなくていい。
真っ白い砂地だけでいい。
ただただぼーっと。
海面に輝くお日様を下から見上げているだけで満足。

あの、
無重力状態!
を体が求めている。
宇宙飛行士のように、ゆ~らゆ~らと、漂う快感。

本物の無音。。。

実を言うと僕は、過去にお仕事ダイビングで嫌と言うほど海に潜らされていたので、もうおなかいっぱい状態で、特に趣味でレジャーダイビングがしたい~という欲求は消え失せていました。得意技は鮫に食われないテクぐらい。

なのに、ひょんな事から、あの海中ハイの悦楽がフラシュバックしてしまったようなのです。

やっぱり僕の前世は魚だったのかなぁ。
少なくとも、海の中で暮らしていた頃の遺伝子は、ほ乳類のDNAにも刻み込まれているんですよね。

すぎやんが突然いなくなったら、海の底で遊んでいると思って下さい。

あなたのコメント