バツイチ氏の結婚

結婚生活を一度したのに離婚した人間=バツイチ。

僕と同じバツイチの友人Mは、僕より2つ年下の43歳。
小さな会社の経営をしている。
元の奥さんとの間に、高校生を頭に二人の子をもうけている。
離婚後、友人Mは重いうつ状態になっていた。

彼が新しい伴侶と知り合って、30日でスピード入籍をしたのは、つい先日のことだった。

妻になる女性はは大手メーカーに勤める30代半ばの総合職。
ものすごい美人だが、総合職のため男性と同じく全国を転勤する人生で、一時は大量のアルコールで気を紛らわせていた。
まったくの初婚である。

そんな二人が電撃入籍をするという話を聞いて、僕は不謹慎にもあらぬ心配をしてしまったことを白状したい。
もしかして二人は躁状態になり、冷静な判断力を失ったまま入籍してしまったのではないかと。

そんな疑いを心に抱いたことを詫びるとともに、ここでみなさんに彼らのスピーチをそのまま引用してご紹介したい。

—以下、ほぼ原文のまま—

夫「わたくし、Mは」
妻「わたくし、Rは」
夫「神様の思し召しによって、ではなく」
妻「仏様のご慈悲によって、でもなく」
両「わたしたち二人だけの意志で結婚を決め入籍しました」

夫「よって今後何があっても、神様を恨むことはなく」
妻「今後、何があっても仏様を恨むことはなく」
夫「もちろんここに集まってくれた証人のみなさんを恨むこともなく」
両「すべて二人だけで解決することを誓います」

夫「私の仕事がどんなに厳しい状況になっても、彼女を愛することに影響を与えないことを誓います」
妻「彼の収入がゼロになっても彼を愛することを誓います」

夫「自宅が職場である私は、彼女が出勤する時刻までは決して仕事に取りかからないことを誓い、彼女が帰宅したら一切仕事をしないことを誓います」
妻「私の仕事がどんなに忙しくても、彼を愛することに悪影響を与えないことを誓います」

両「そして」
夫「たとえ将来、私に彼女に対する愛が無くなっても」
妻「たとえ将来、私に彼に対する愛が無くなっても」
両「決して離婚しないことを誓います」

初めて聞いたスピーチだった。
二人とも、本当の大人だ、と思った。

あなたのコメント