昼の誘惑~密会~

「近くまできているので、ランチでもご一緒しませんか?」
とても気の合うマイミクさんから携帯メールが入った。

有頂天になった僕は、誘惑に負けて了解するメールを返した。
マイミクさんから平日のランチのお誘いを受けるなんて、めったにないことなので、とまどいながらも僕はワクワクした気持ちを抑えきれなかった。

しかし、僕は今や妻ある身である。
隠し事をしないのが互いに信条の夫婦である。
さらにマイミク内のどろどろ関係はまっぴら御免である。

そう、その人物は、ミクシィをやっている妻にとって、まんざら知らないわけではない人物であった。
ランチの席を予定している近くには妻の職場があり、昼時、ばったり出くわさないという保証など、どこにもない。
こんなことで幸せな家庭を壊したくはない。
些細な秘密で大切な信頼を失うことだってある。

僕はそのマイミクさんと会う旨を簡潔にかつ正直に妻に伝えた。

そしたら…!

(つづく)

あなたのコメント