アメリカンバブルの崩壊と21世紀のオイルショック


今日は2008年の1月22日です。
今日は平成20年の1月22日です。
お正月がおわり、世の中はまだザワザワとしています。
気になることはこの直感を、1990年にも一度感じたこと。

原油価格が1バーレル100ドルを超えたら目安。
金の価格が史上最高値をつけたら目安。
ずいぶんむかしに、一般教養で居眠りしながら聞いた授業が思い出されます。
それが今年の幕開けでした。

オイルショックとかなんとかいって、主婦がトイレットペーパーを買いに
並んだのを僕の世代はリアルタイムに覚えています。
バブル崩壊も、リアルタイムに経験しています。
だからなんだってわけではないですが、
2008年の1月末が、なんとなく不穏に感じる今日この頃です。

※僕は経済音痴なので、あまり反論しないでくださいませm(__)m
※※この日記にはなんの根拠もないので、マジに信じてパニック行動に出るようなことは、賢明なるマイミクのみなさんにおかれては、くれぐれもありませぬよう。。。

あなたのコメント