先てぇ出したら負っけやで!



というのは、僕が大阪でやんちゃをしてた10代~20代、こわ~いセンパイたちに徹底的にたたき込まれた「ケンカの極意」であります。

「まず相手に先に一発どつかせるんや」
と、その先輩は言いました。
「そのあとボコボコにいてもたったらええねん!」
亀田家にも似たその先輩が、赤井と僕に教えてくれた言葉は、今となっては座右の銘の一つです。

みなさんご存じの通り、明日26日の朝8時30分、善光寺前の閑散たる空き地からスタートするトホホな北京五輪の聖火リレーが、大きな注目をあびています。
中国のチベットに対する人権弾圧に対する、国際世論を背景とするデモンストレーションと、真っ向から激突するからであります。

4000人規模の、前代未聞の警備体制。
パリで聖火を消されて面目をつぶされ、息巻いている「聖火防衛隊」と呼ばれる謎の青ジャージ中国人集団。
日本政府の公安当局および長野県警が、青ジャージランナーは2名までと主張してきましたが、かなり大勢来日している姿がテレビで見られました。
僕自身は仏教徒ですので、善光寺でお経でもあげたい気分ですが、とりあえず血の気の多い方々には、タイトルの文言を贈ります。

話せば長い話ですので、ここはマイミクの須田さんがプロデュースされているコメディ「兵庫のおじさん」ふうに、わかりやすく話を丸めてみたいと思います。

あんな~。聖火ってな~。
平和のシンボルやとか、チベットの人権やとかいうてるけどな。
あんなんウソや。
オリンピックは戦争や。
国の威信をかけた戦争!

そもそも150年前、戦争で人殺しなんかせんでも、かけっこと水泳で国の勝ち負けきめたらええやん、ということで始まったんが近代オリンピックの始まりなんや。
聖火リレーかて、あんなもん、最初の頃のオリンピックにはあらへん。
1936年のナチス主催ベルリンオリンピックで、ヒトラーが思いついた宣伝、つまりプロパガンダや。
走りながら、ついでに侵略する国の下見もしとったんや。

プロパガンダっちゅうのはやな。
今風にいうたら、まあ手嶋龍一やたら佐藤優やたらがいうところの情報戦争、インテリジェンス・ウォー、まあスパイ大作戦やな。
だから勝つためにはケンカの極意っちゅうのが必要になるんや。

暴力はいかん!

先にてぇ出したら、おまわりさんに捕まったとき、わるもんにされる。

せやから暴力はいかん!

ほなどうしたらええんか?

ワシは考えた。
ほんですばらしい作戦を思いついた。

笑顔や!
人生、笑ろたもん勝ちや!

中国からのりこんできた青色ジャージ軍団みてみぃ!
みんなさわやか~な、笑顔にっこにこふりまいとる。
男はオトコマエやし女はかわいい顔しとうがな。

みんな知ってるやろうけど、あいつらみんな人民解放軍の工作員。

中国のスパイやで

あんな笑顔しとったら、ついええもんに見えてまうがな。
野村證券の入社試験かて、面接一発でパスしてしまう笑顔や。
それに対してあれはなんや。
来日した「国境なき記者団」たらの代表のフランス人。
プーチンみたいな顔しくさって、むすっとして、わるもんにしかみえん。
その時点で、中国の勝ちや。
おまけに日本で夕方のニュースが始まる25日の18時直前に、ダライラマ側との対話という、ドンピシャの情報爆弾をとばしてきよった。
完璧な作戦や。

でも、まだあきらめたらあかん。
ワシのとっておきの作戦を、このタイミングで公開するで。

。。。

。。。

。。。

あのな、明日まで友人までに公開にしとくさかい、ぜったい
マイミク以外には内緒やで。

。。。

じつは作戦のカギは、走者の萩本欽一さんや。
聖火を受け取ったら世界のカメラの前で「欽ちゃん走り」で走る。
ほんでこけて聖火を消してまうのや!
あの人のコケ技はチャップリンにもならぶ名技やからな。

そんで「いやあ、寄る年波には勝てませんな、あはは」て引退すんねん。
浅草芸人の本領を発揮して、世界の萩本欽一として名を残すんや。

それが日本側の手口やって海外からたたかれへんかって?
心配あらへん、あらへん。
欽ちゃんのギャグ、
世界の人わからへんから!

がーっ!


須田さん、兵庫のおじさんの原稿、こんなんでいかがでしょう?(笑)

あなたのコメント