北朝鮮ミサイル「素朴な疑問」3題




【素朴な疑問1】

撃破したとして、破片は降ってこないんでしょうか?
ちっちゃな欠けら一つでも、頭にあたったらとても痛い気がする。
スタンダードミサイルならともかく、空自のパトリオットミサイルあたり。
そう心配する善男善女をターゲットに、アルミ製の傘でも売り出したら儲かるんじゃないか、
と、職場の仲間と与太話。

【素朴な疑問2】

4月4日から8日といってるけど、防衛予算は20年度内でおちるんだろうか?
4月10日くらいまでを20年度予算と認めてくれるんなら、防衛省としてはこのチャンスに撃ちまくらない手はないよなあ。
ちょうど補正予算に間に合うし、来年度の防衛費UP要求も楽勝!
逆に新年度扱いだったら経理的に痛いよなあ。
と、職場の経理担当と与太話。

【素朴な疑問3】

アメリカと日本がやる気満々で頑張ってるけど、どうよ?
突然「やーめた」と北朝鮮が言い出したら、ひざかっくんな感じだよなあ。
発射中止は良いことだけど、内心ガッカリする人も日米にいるのでは・・・?
随分な無駄金を使わせといて、ころっと翻すなら金正日は一枚上の策士だな。
と、将軍様をたたえる(?)与太話を家庭で奥さんと。あせあせ(飛び散る汗)

—元ニュース—
■防衛相が初の破壊措置命令、北ミサイル迎撃で
(読売新聞 – 03月27日 09:18)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=790457&media_id=20

あなたのコメント